お土産として人気の琉球ガラス

カラフルでおしゃれ

沖縄の伝統的な工芸品や雑貨の代表選手とも言えるのが琉球ガラスです。カラフルでおしゃれな製品が多く、お土産品としても大人気です。

人気が出たのは戦後

とはいえ琉球ガラスは、壺屋焼などの焼き物(やむちん)と比べると、ずっと歴史が浅い伝統工芸です。明治期にはすでにあったと言いますが、本格的に作られ始めたのは戦後です。

琉球ガラスの特徴

リサイクル工芸品

もとはといえば、駐留していたアメリカ軍の兵士が廃棄したコーラやビールの空き瓶をもとに、ガラス工芸が作られたという事情があります。文字通り「リサイクル工芸品」ということです。

観光土産として人気に

やがて沖縄が日本本土に復帰して、沖縄旅行が人気になるに従って、、琉球ガラスの知名度が高まり、観光地土産としても人気が出たということです。

琉球ガラス(楽天市場)

人気の理由

カラフルで鮮やかな色合い

今も琉球ガラスの中には、空き瓶を利用してカラフルで鮮やかな独特の色合いを持った琉球ガラスがつくられています。

気泡やヒビ

その他の琉球ガラスの特徴としては、気泡やヒビがあります。気泡やヒビは、本来ガラス細工ではあってはならないものですが、琉球ガラスにおいては巧みに利用されて、芸術作品のような美しさに昇華しています。 こういう雑多で、庶民的なところがいかにも沖縄雑貨らしいといえます。

サイト情報

このカテゴリー

更新情報

Page Top ↑
琉球ガラスについてのページです。
沖縄土産の通販のHOMEへ戻ります。
Copyright (C) miyage.okinawa All Rights Reserved.