紅型(びんがた)の歴史

王族が愛用

沖縄の染物には、「紅型(びんがた)」と呼ばれるものが有名です。紅型の歴史は13世紀に遡ると言われます。沖縄の琉球王朝では、王族が好んでこの紅型を愛用しました。

戦後になって復活

明治以降は、廃藩置県によって、琉球王府は沖縄県となり紅型の使用者も減ったことで衰退しました。戦後になって再び世の中がゆとりを取り戻すと、紅型(びんがた)も復活しました。

紅型(びんがた)の特徴

大胆で派手

紅型(びんがた)は、大胆な色使いと派手な雰囲気が特徴です。また沖縄には、豊かな自然によって、優れた染料がたくさんあります。この豊富な染料のおかげで、紅型(びんがた)の派手な色合いが可能になっています。

紅型(楽天市場)

雑貨として

おしゃれで可愛らしいアイテムも

かつては琉球王朝ご用達だった紅型(びんがた)は、現在では日用雑貨にも利用されるようになっています。手ぬぐい、バッグ、日傘など、おしゃれで可愛らしいアイテムも製造されています。もちろん観光土産としても人気です。

芭蕉布(琉球織り)

イトバショウを使用

紅型(びんがた)の他にも、沖縄特有の布製品には芭蕉布(ばしょうぶ)と呼ばれる琉球織りがよく知られています。芭蕉布(ばしょうぶ)は、琉球織りの代表です。芭蕉布の名前は、イトバショウを使用するためです。

沖縄の風土にマッチした布地

芭蕉布は、風通しがよいという特徴があるため、沖縄の風土によく合った布地と言えます

芭蕉紙

芭蕉紙という伝統工芸品もあります。沖縄独特の紙で、イトバショウから紙を作ります。芭蕉布を製造する際に、使わないイトバショウの成分をうまく活用したものがこの芭蕉紙です。

サイト情報

このカテゴリー

更新情報

Page Top ↑
紅型や芭蕉布についてのページです。
沖縄土産の通販のHOMEへ戻ります。
Copyright (C) miyage.okinawa All Rights Reserved.